2017年7月20日木曜日

7月15日  小金井園舎60周年を祝う会を行いました!

小金井園舎は今年、創立60周年でした。
祝う会:式次第 裏表紙より

祝う会:プログラムより

全園児合作バースデーケーキタペストリー


拡大図

年長さんが描いた葉っぱでデザインした『けやきの木』
けやきの木は、小金井園舎のシンボルツリーです)
記念Tシャツでお祝いしました。

年長さんが司会をしました。

小金井園舎最初の先生が、お話してくださいました。



午後は施設公開でした。

保護者の方が、お楽しみを企画してくれました。

ゲーム・占い・スタンプラリー・ミニコンサート等々
幼稚園へのお誕生日プレゼントは、子どもたちの笑顔になりました。

お祝いの会では、今まで、そして今を支えてくださっているお客様と
一緒にお祝いしてくださいました。
午後のお楽しみでは、卒園生とともに、
これから仲間になるかもしれない家族の方も来てくれました。

誕生日は、たくさんの人がつながっていることを感じられることが、
嬉しい日ですね。
有形・無形に支えられていることに感謝して、
これからも ♪みんなのたのしい ようちえん♪(ようちえんのうたの一節)
で、あり続けたいと思います。


2017年7月7日金曜日

「大きい組みたいに水族館ごっこしたい!」

 5歳児の水族館ごっこを見せてもらった4歳児の子どもたちは、翌日から「イルカになりたい」「フープを使いたい!」と、お面を身に着けて遊び出しました。(5歳ブログもご覧ください) 中でも、イルカとトレーナーが芸をする場面は、印象深かったようです。トレーナー役の子が「イルカのリボンちゃんです!」と言うと、イルカ役の子が「キュー‼」と自己紹介し、ショーをします。



 ペープサートを作り、音楽に合わせて動かすことも楽しかったね。



   自分たちでペアになってみたり、友達に見てもらう嬉しさを感じたりする姿を見て、「憧れる」という影響力の大きさを感じた出来事でした。

お母さん先生による読み聞かせ

 75日、6日の降園前に、図書部の保護者さんが読み聞かせをしてくれました。季節にあった絵本がいいのかな、どのくらいの長さがいいのかな等、真剣に考えてくれたようです。そして、お家でも読むのを練習してきてくださったとすぐにわかるような感情のこもった読み聞かせでした。子ども達の顔も真剣です。




絵本を読み終えると、子ども達から「もう終わり~?もう一冊~!」とアンコールの声も聞こえてきました。図書部のみなさんありがとうございました。またお待ちしています!

2017年7月5日水曜日

大学生の皆さんが歌をきかせに来てくれました

先日、
東京学芸大学の、幼児教育専攻の学部一年生が、
授業の一環で歌を歌いに来てくれました。

・手遊び
・こぶたぬきつねこ
・ようちえんの歌
・七夕
・やっほっほなつやすみ
・さんぽ

子どもたちよりも大学生の方が緊張気味でしたが、
座って目線を合わせながら歌ったり、
伝わりやすい言葉を選んだりしながら、
一生懸命歌ってくれました。

子どもたちも、
一緒に歌いながら楽しい時間をすごしました。
最後に子どもたちは、
「またきてねー」と言っていましたが、

本当にまた来てくれるといいですね。


「たのしかったね。よるまでようちえん」

年長さんだけ夜まで幼稚園で過ごす一日がありました。
朝10時まちに待った夜まで幼稚園のはじまりです。


梅雨時にもかかわらず、いいお天気に恵まれて、小学校のプールであそびました。



おべんとうはおにぎり弁当
「今日はよるまでようちえん。まだまだようちえんにいられるね。」


よるごはんのカレー作り。
玉ねぎの皮を剥いたり、野菜を切ったり。
「練習したから上手にできるよ」



午後のお楽しみは園内オリエンテーリング
グループの仲間と一緒にポイントを回って迷路やゲームに挑戦したり、踊りに使う太鼓を作ったりしました。





おやつには冷たいかき氷「シロップは2種類まで選べまーす」




夕方になってきていよいよお風呂タイム


夜ご飯のカレー 
たくさんのお客様が来てくれて、一緒に食べました。
自分で切った野菜入りのカレーの味は格別!


よるの集まり
「たこばあさん」につかまってしまった「めでたいトリオ」を助け出そう。
ドキドキしたけど、秘密の暗号を解明して助け出したよ。


  みんなで一緒に踊ろうタイム
「めでたいトリオ」も楽しそう。




楽しく踊っているうちに、だんだん幼稚園に暗い夜が訪れて…
キレイな花火も見ました。
楽しかった長い1日もこれでおしまいです。

「楽しかった~」「カレーがおいしかった~」「泡のお風呂さいこー!」
それぞれの楽しかったことを胸に、夜8時にお家に帰りました。


楽しかったね。よるまでようちえん。

2017年6月27日火曜日

もうすぐ『よるまでようちえん』

もうすぐ、5歳児だけが10時~夜の8時まで幼稚園で過ごす
『よるまでようちえん』があります。

「夜ご飯はどうする?」と教師が投げかけると、
「自分たちで作る~!」と子どもたち。
様々な希望メニューを書いたボードの前では


「どれがいいかな?」「ポテトチップスはおやつだよね~」

アレルギーのある人も食べられるもの、一度にたくさん作れるもの、材料が腐りにくいものと考えてカレーを作ることに決まりました。

 お客様も呼んで食べてもらおうということになりました。
前に幼稚園でお世話になった先生にはお手紙を書いてポストに投函することに。

 学長先生のお部屋に招待状を届けに行きました。
初めての場所にドキドキ…

学長先生がお部屋に招き入れて下さいました。
「夜までようちえんにきてください」「カレーを食べにきてください」
と直接お誘いすることができました。

 いつもお世話になっている警備員さん


 「プールで水遊びをしよう」「泡風呂に入りたい」「みんなでたくさん踊りたい」
「夜までようちえんにいるから花火をしたい」等々

 『よるまでようちえん』を楽しみにしています。



2017年6月26日月曜日

水族館遠足と水族館ごっこ

6月1日、年長児は園外保育でしながわ水族館に行きました。



綺麗な魚がたくさん。目の前を泳ぐアザラシに大喜び。近づいてくるサメをじっと見たり、怖がったり。クラゲは「ゼリーみたーい」「ぽよぽよ~」

イルカショーも見ました。
ジャンプやフラフープをするイルカたち。大歓声というよりは、じっと見入る姿が印象的でした。

そして翌週から
水族館ごっこが始まりました。


イルカやショーのお姉さんのインカムを作って身につけると、
フラフープやボール投げなど見てきたことを次々にやってみる姿が見られました。



大きなエイやウツボ、キレイな魚がたくさんおよいでいたトンネル水槽を
カラービニールや折り紙を使って作る子どもたちも。
「クラゲも作りたい」
「ペンギンショーもやりたい」
「僕はカクレクマノミになりたい」
だんだんとやりたいことが増えてきて、水の中の生き物がたくさんになりました。

そこで、看板を作ってお客さんを呼ぼうということになりました。


「たくさんおきゃくさんが来てくれるかな??」







年中組にもお家の人にも見てもらって大満足の水族館ごっこになりました。